lolメタの控え帳v2

lolメタの控え帳v2

lolのメタを考察するブログ

TFT set4 マスターになったtftやる奴っていう奴。

f:id:lichtenberg:20200922150150j:plain

f:id:lichtenberg:20200922150216p:plain

13位。

 

 

まあ色々コツとか動きとかあるけど、

 

set4がどんなゲームかっていうのを一言で表すと、

 

 

 

 

 

 

多人数ガチャゲ

 

 

いや、今まででもそうだったやんって思うかもしれないけど、

今回のセットはガチャ味がめちゃくちゃ強い。

SSRキタ!!みたいな。

 

ブリッツとかもないし、アサシンの配置とかも正直まあどうでもいいし、

そう言うので勝敗決まらない。

強いの引いた奴が勝つ。

 

 

 

そこで一つおすすめの動き教えますね。

 

最初の寿司とステージ1でフォーチュンのチャンピオン押さえておいて、

もしステージ2の前半でフォーチュン出たら連敗し始めてください。利子取りながら。

で、利子と連敗でお金貯めて、

3-5(寿司の後)で7レベまで上げてリロールしきって強いチャンプを集めます。

それで、強い盤面作って連敗フォーチュンを回収すると....

 

 

f:id:lichtenberg:20200922151208j:plain

 

なんかこんな盤面になって1位になります。

フォーチュンインティングおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚、クレームは受け付けません。

 

 

Mind Masters 2020 TFT 決勝大会:雑談 part5(※靴職人は出てきません)

Finals Game3

ギャラクシー:プランダー

 

4レベのヴァンガード4はかなり弱い

ザヤに対してだけ強く、ほとんどの構成に不利

攻撃力が足りないので一体も倒せず負けることも多い

なぜこうなったかというと問題は1-1までさかのぼる

 

1-1でコグマウが出て、1-2でバトキャが見えたので自然な進行

問題なのはAPレオナをあっさり売ったこと

サイバネ進行を選択肢にいれるならAPレオナはそのまま使える

中立からゴールドが見えてからレオナを売るか判断した方がよかった

 

1-2でルシアンが出た場面

APレオナを持っていればポッピーとどっちを取るか選択できた

そして1-3のショップで2コス2体のクソショップを引いてしまい詰んだ

やりたいのはブローラー、すぐシナジーがでるのはヴァンガード、駒のリーチはプロテクターという三重苦

1手ミスったところに不運が重なって地獄の2-1となってしまった

 

ルーデンエコーを作ったものと作らなかったものの差

プランダーでアイテム作成を甘えない素晴らしいプレイ

 

不可解な3-2リロール

何が欲しかったのかよくわからない

モレロを作っているのでビクターかティーモを使う構成を目指したいはずだが、1ターン前にナーを切って、今度はビクターを切る選択

ゾーイ☆2でリロールをやめたのも不可解

盤面が強くなったかも微妙

リロール中にJ4ラカンを拾いきらなかったのに最終的にはJ4ラカンを残す選択

4試合目ということで疲れが出ているのかプレイにキレがない

 

4-1リロール

解説の通り、ブレマス構成を見ていたが集まりとアイテムが悪くてメカに移行する理解できるムーブ

GAメカでいいのかと思うかもしれないが、今のメカはダメージディーラーとしての役割なのでGAで復活して再始動するのは悪くない

特にハンジャスGAメカは復活してから回復する動きが強い

メカからでてきたGAハンジャスランブルも意外と強い

 

rionest さんのゼファーブリッツを誘って避ける動き

Game1で見せた動きが狙い通りだったことがわかる

 

対ビクター配置でダークスターに負けてしまったシーン

ゼラスを引いてる上にダクスタへらでダクスタ6が出てる相手が強すぎる

配置の問題ではない

プランダーは序盤の差がどんどん広がっていくので上振れた相手を逆転するのは難しい

 

シャコにガンブレを載せた場面

ビクターやGPの方が相性がいいように思えるが、アイテムなしビクター☆1に載せるのはありえないし、GPのアイテムをガンブレという微妙なアイテムで埋めるのも強い動きとは思えない

スキルで回復はしないが、ADとAPの上昇分を有効利用できるのでシャコが無難な選択

 

rionest さんがブリッツにやられてしまった場面

間違いなく操作ミスだと思うが、同卓にゼファーブリッツもいたのでどちらにも対応することを考えると配置の制限は大きかった

 

サイバネ対ダクスタ6

流石に3回きれいにヴェインキャリーをするのは難しい

比較的強いイレリアキャリーの形を作れはしたが、やはりパワーが低い

 

相手のブリッツに対してフェイントをかける場面

一瞬でわかりにくいが、バトキャがメカの影と当たっているのが見える

帳がGPに刺さっていたので配置としてはよくない

HPが2→ー10となっていたので1体残しで負けたと思われる

ダークスターとの試合を見てもそうだが、GAハンジャスメカの強さがうかがえる

 


 

2試合終わって5位だったプレイヤーが最後で1位になるという劇的な展開で見ていて面白かった

 

 

靴職人の世界での活躍を期待します

 

macro11

 

Mind Masters 2020 TFT 決勝大会:雑談 part4(※靴職人は出てきません)

Finals Game2

ギャラクシー:宝の山

 

解説の通り、 ここでアッシュにジャイスレを積むのはサイバネを重く見たプレイ

ジャイスレをジンに載せるイメージがあるならケイトリンに積むところ

ただ、盤面の強さとしてはアッシュにジャイスレを積んだ方が強い

ケイトリンはスキルで一体確殺するのが仕事なので、ジャイスレの1.2倍ダメージはあまり必要ない

☆1であってもAOEダメージが1.2倍になるアッシュに積む方が戦闘への影響は大きい

ケイトリンのスキル出しを早めるためにジャイスレを積むという考え方も正しいと思うので、ジンにジャイスレを積むのか、ヴェインにジャイスレを積むのかの意識の差で選択が分かれる場面

 

GAシャコを捨ててショージンバードを作った場面

いわゆるpeebaムーブ

正直好ましいプレイではない

素直にプレイするならGAシャコで次の中立でハンジャスを期待する

ショージンは時間が長い戦いに有用なアイテムだが、前衛の装備が整っていない現状、ショージンから作るのはリスクが高い

次の中立でGAかブランブルができないとまずいことになる

 

プロテクターの配置の話

ニーコを1段目に置く理由は基本的にない

ニーコのスキル範囲2マスを生かすなら2段目がベスト

相手の1段目とキャリーを襲いに来たインフィルの両方にスタンをかけられる

ニーコを1段目に使って強いのは、相手のザヤやカシオペアが2段目配置しているときに目の前に置くときだけ

基本的にインフィルをカウンターする配置をした方が強い

ニーコはレンジドのため、最初の配置から動かないことが多い

配置によってパフォーマンスが大きく変わるチャンピオンなので注意したい

f:id:lichtenberg:20200811152503j:plain

J4のASバフを考えるとこれくらいの配置が無難

ニーコが1つ右だとインフィルを必ず捕まえられるが、ノーチラスの存在を考えるとJ4とニーコは離した方がリスクが低い

アーリを3段目に置きたい気持ちもあるが、状況的にバードが何回スキルを打てるかが勝負なのでブリッツ対策も考えるとこうなってしまう

 

プレテクスナイパーをやれそうな引きだったのに、中立からマナとAPが出てしまってあきらめないといけなくなった直後のリロール

青バフモレロが見えているので、ビクターかティーモかなあと思って見ていたらワーモグニーコを重く見てプロテクスタガに移行

リロールでティーモが見えたのでアストロを見てもいいかなあと思って見ていたが、ノーチラスもバードも見えていない状態だったのでリスクが高いと判断して取らなかった

結果的にはビクターが引けて戦える形が整った

フィズが見えた瞬間にメカビクターもあるかと思ったが、メカの装備があまりにも弱いので最終構成としてメカビクターを見るのはあまりよくない

ビクターはシンドラの代わりとして使っているのでAPアイテムはモレロではなくJG

メカやアストロをあっさりあきらめた面白い判断

 

コスト3☆3を目指す動きの話

沼配信で沼の人がティルトした場面

ここではオールインして盤面を強くしないといけない

コスト1☆3を目指すときもそうだが、4-1は盤面が一気に強くなる瞬間なので、ここでパワースパイクを迎える動きが必要

スローリロールが許されるのはステージ3だけ

理想的なプランは4-1でオールインして全員☆2+ブレマス6を出してステージ4を全勝 → 5-1でレベルを上げずにもう一度オールインして☆3を作る→優勝

セット2をやっていた人にはノクターン☆3を目指す動きと言えばわかりやすいかもしれない

 

じーくさんの不可解な動きとリロールしたブレマス構成

じーくさんは中立直前の戦闘でティーモにAPを載せたのがよくわからない

青バフティーモよりAPをさらに足した方が強いという判断と思われるがやっぱりわからない

そして、4-1と4-2負けて回したと思われるブレマス構成

問題はMRをアイスパで消費してしまったこと

マスターイーはRFCとルナハリによるパワースパイクが強烈なので、絶対にMRは残さないといけなかった

 

5-1でも回さないブレマス

死にそうになってからリロールするのは非常に悪い選択

経験的にこのタイミングで大ダメージを受けるからそれを食らう前に盤面を強くしようとするのが正しい判断

5-1はステージからのダメージも1段階上がるのでリロールすべき

 

じーくさんの対ビクター神配置

狙ったのかどうかはわからないが、アストロスナイパーはビクターに簡単に負けてしまうので、対策配置を研究していても全くおかしくない 

 

じーくさんの対ビクター神配置 ver2

サイバネのゼファーを見て2体前衛に足したが、メカと当たった場面

この場合でもビクターのビームは左上から右下か右上から左下にひかれる

そうなると真ん中のキャリー2人は安全になりやすい

明らかに狙って配置していることがわかった

こうしてみると青バフを見なかった寿司前の動きも理解できる

青バフがなくても何度もスキルを打てている

 

じーくさんの神配置 ver3

rionestさん用にゼファーと帳を配置したように見えるが、ちょうど相手のGP☆2に刺さった

あとルルが一歩前に出たことでビクターの最初のビームをティーモが受けなくて済んだ

偶然のような気もするが、ティーモを端に置かない意識は高そう(端に置くだけで簡単に食らってしまう)

 

巷では100万を逃したと言われる寿司

完全にじーく劇場

嘘のように負けるじーくさん

最後はジンとティーモが端に置かれてビクターのビームがきれいに刺さった

後付けゼファーがあるのでこれは無理

 


 

part5へ続く

 

Mind Masters 2020 TFT 決勝大会:雑談 part3(※靴職人は出てきません)

Finals Game1

ギャラクシー:アーモリー(AP×2+BF)

 

面白いアイテム選択

BFを残すのはGA帽子GPを重く見たプレイ

ガンブレの方が序盤強いが、GAの素材が全くなくなることを嫌うのは理解できる

GPを見るのは早すぎる気もするが、GA自体は誰にでも合うアイテムなのでリスクの低い選択

ルーデンエコーを作って序盤からゴールドを稼ぐ狙いは理解できる

 

3-2リロール

不可解な選択が多かったシーン

素直にモルデ、カルマでダークスター2を出して帽子モルデカイザーでよかった

ダクスタ2が出ない帽子モルデはそこまでではないが、出てる時は強力

ジェイスポッピーが見えていたのでヴァン4ミス2の強い形が作れた

解説も言っていた通り、アストロスナイパーへの移行が見れるのでジンを拾っておくべきだった

 

靴職人がゼファーブリッツを仕掛けたシーン

ブリッツがゼファーを持っているとゼファーブリッツを警戒するのは容易だが、ゼファー持ちとブリッツを分けられていると注意して見てないと引っかかってしまう

 

rionest さんがさらに上をいっていた場面

1つ前の寿司のところ(つまり直前の戦闘の配置)では rionest さんのシンドラの位置は左から3番目でゼファーブリッツを食らわない位置にいるが、寿司が終わって靴職人がスカウティングをしてる時にはシンドラの位置が左から2番目でゼファーブリッツを食らう位置に置いてある

つまり、ゼファーブリッツで狙われていることがわかっているので、ゼファーブリッツを食らうと見せかけて毎回狙わせ、毎回シンドラの配置を左から2番目から3番目に変えることで相手がゼファーブリッツを狙っている限り絶対安全になるようにしていたということ

ゼファーブリッツでうまくやってやろうという相手を逆に利用しようというrionestさんの素晴らしい駆け引き

解説の通り、靴職人もゼファーブリッツ受け配置をさらにカウンターするゼファーの使い方をしている

卓のレベルの高さがうかがえる一連の流れ

 

GA帽子GP☆2を作って楽勝に思えたが、アーゴット☆2がさらにその上をいった場面

アーゴットはメカの天敵

メカがもう少し生きていればGPがスキルを早く出していたと思うので、かなり紙一重の戦い

 

最後のサイバネ対ダクスタ+アーゴット

一般的な相性は五分五分と考えるのが普通

完成度が高い方が勝つマッチアップ

ゼラスができていないとヴェインへのアプローチが難しい(シャコがヴェインにカウンターされているのが問題)のでダクスタ側がやや不利に思えるが、アーゴット☆2がでてきているのでやっぱり五分かなあって感じ

 


 

part4へ続く

 

Mind Masters 2020 TFT 決勝大会:雑談 part2(※靴職人は出てきません)

Semifinals Match2

ギャラクシー:ノーマル

 

サイバネのアイテムのついての話

ここでレオナにARを持たせるのは自然な選択

赤バフがナーフされてからはサイバネでルシアンに赤バフを持たせる動きは弱い

ARとヘルスを消費する点がとにかく弱い

ARは沈黙の帳にして、ヘルスはゼファーにするのが一番強い動き

プランダーで絶対勝ちたいのにアイテムが悪すぎるときは赤バフルシアンの選択肢が生まれるくらいで、基本的には作らない方が強い

IE+LWを作ってたらグローブが足りなくて帳なんか作れないと思うかもしれないが、最近はジャイスレが刺さる相手が多いため、ジャイスレ+LWのヴェインを優先した方が強い

ヴァン4,6がいない環境ならLWすら必要ではないので、グローブの使い道として帳は十分選択肢に入る

 

コスト1☆3を目指す動きの話

基本的に3-1で5体はいないと☆3にする動きは選択肢に入らない

スローリロールか3-1オールインどちらがいいかという話だと、基本的にはスローリロールが無難

集まりが悪かったり、運よく強い4コスが引けた時に他の構成にいける選択肢を持っておくべき

この場合はLWを作っているのでジンキャリーのプロテクスナイパーかダークスターに移行するのが自然で、アイテムや引き次第ではアストロスナイパーもあるかもしれない

 

ここはミスプレイだと思った場面

沼配信でも言及されていた

ショップが隠されてわかりにくいが、赤バフジャイスレをコグマウとジンクスどちらに載せるかという選択

赤バフを持たせるならバトキャが発動したコグマウの方が圧倒的に強く、☆2になる可能性も高いので、コグマウを使うべきだった

 

MRを取りに行かないのは GAハンジャスシャコがすでに見えているので、MRを取って血剣を作る必要があまりないから

ASを取ってジン用のジャイスレにするか、中立のアイテム次第でRFCシャコを見るのが自然な選択

 

かなり苦しい盤面

何が一番つらいかというとJ4なしでプロテクターをやらざるを得なくなっていること

ワーモグJ4は☆1でもある程度盤面を強くしてくれるが、J4ユーザーが多いせいか拾えずに来てしまったようだ

 

厳しい盤面からリロールしないといけなかった場面

シャコとゼドを切ってJ4とルルを入れるのが個人的にはよかったと思う

一時的にはゼド残しでJ4は入れない方が強いかも

セレ4はセレ2と比べて数値が格段にあがる(15%→45%)のでできればいれたかった

ジンにニーコを使った方がよかったが、忙しい場面だったので仕方がない

アイテムはLWとドラクロよりルナハリとサッシュがベターだったと思う

ルナハリはスナイパーシナジーと無関係になって積む人が少なくなったが、ダークスターが出ているジンはADが高くなりやすいので普通に合うアイテム

LWはヴァンガード相手だと必須だが、卓にあまりいなかったはずなのでそこまで強いアイテムではない

一応ブランブルJ4に対してはLWでARを下げると約1.58倍のダメージを与えられるようになるが、ルナハリが0.75倍のダメージをブランブルを積んでない相手に飛ばすと考えるとルナハリでも戦える可能性はある

プロテクターの場合はサッシュで硬さを補える

CCによってシールドを展開する回数が減るのでCCを食らわないことが硬さに直結する

 

ここはスレッシュじゃなくてソラカを入れるべきだった

クロノとミスティックの選択ではなく、スレッシュ☆1とソラカ☆2の性能を考えるとソラカ☆2の方が仕事をする可能性が高い

ソラカはナーフされたけどまだ回復量がおかしいOPチャンピオン

 

靴職人が決勝進出を決めた瞬間

ソラカが仕事をしているのがよくわかるシーン

 


 

part3へ続く